専業主婦願望が強い若い女性の結婚観とは

専業主婦になりたいという若い女性は意外と多いです。昨今は女性の社会進出が叫ばれていますが、そうした中でも専業主婦は根強い支持があります。実際に実家が母親が専業主婦だったという家に住んでいた女性は、母親像が専業主婦なので、自然と将来、専業主婦になりたいと憧れるものも納得です。

昔は父親が働いていて母親が家で家事をしているというのが日本の一般的な家庭のあり方だったので、そういった意識が根付いていても当然のことだと思います。

また、そうした生活の中で幸せを感じていたなら「自分も将来は専業主婦になりたい」と思うのは当然です。

とは言っても今の時代は簡単に専業主婦になれる時代ではないです。

多くの家庭では夫婦共働きというのが普通なので、よほど男性の給料が良くないと簡単に専業主婦にはなれないです。

そのため若い女性は自分の値打ちが高い時に、結婚相談所を利用して給料の良い男性と探して結婚しようとするのです。

専業主婦になるならその選択は間違ってないです。結婚相談所では若い女性は人気で、アプローチしてくる男性も年収が高い人が多いです。

場合によっては年収1000万円超えの男性と知り合う機会も普通にあったりします。

結婚相談所では普段接点がないような職種の男性と知り合うことができ、出会いのきっかけにもつながります。

専業主婦のお金の問題については下記で紹介しているのでよかったら参考にしてください。

http://www.ifcgp.org/