酵素を作ってみよう。実は簡単な作り方

酵素ドリンクを飲んでみたいけど、買うと高いと思う方にぜひお薦めなのが、自分で作るという方法です。実は酵素は簡単に作ることが出来ますよ。

必要になるのは、保存瓶、果物、砂糖、レモン汁という4つだけです。もしレモン汁が無い場合には、お酢でもOKです。できれば添加物が含まれていない材料を用意するようにしましょう。まず保存瓶は一度煮沸消毒をしてしっかりと乾かしておきます。果物は皮も種も使いますので、しっかりと洗い汚れなどを落としておきます。

きれいにした果物を皮や種も丸ごとみじん切りにしていきます。みじん切りにした果物、砂糖と交互に保存瓶に入れていきます。そして最後にレモン汁を絞って入れて、保存瓶に蓋をしてシェイクし、果物と砂糖、レモン汁をよくなじませます。なじませた後は、一度保存瓶の蓋を開けて、ガーゼなどで口を多い、通気性がある状態にしておきます。

風通しが良い場所で、日が当たらないところに保存瓶を置きます。この保存瓶の中身を1日1~2回程度できれば手でかき混ぜるようにし、2週間程度常温で保存しておきます。徐々に果物から水分が出てきて、炭酸のような発砲が起こっていますが、これは発酵している証です。2週間程度で完成します。手作り酵素ジュースは市販品よりも日持ちはしませんので、2週間程度たったら冷蔵庫に保存して早めに飲み切るようにしましょう。